So-net無料ブログ作成
検索選択

御茶ノ水・御茶ノ水橋から聖橋方面を望む [散歩/千代田区]

otya.jpg
撮影:2010年10月
この特異な風景は、江戸時代神田川の流路を変えるために本郷台地を削った結果生まれたらしい。御茶ノ水の名前の由来となった湧水もその時の工事で失われたとのこと。その頃のここらへんの風情を懐かしむ人はもういない。時代は下ってここからニコライ堂がよく見えた時期もあったようだ。いつかはJRのホームが張り付いているこの切り通しも過去のものとなる日が来るのだろう。話は変わるが御茶ノ水駅前のカレースタンド“マコ”の味が忘れられない人がどのくらいいるものだろうか。ちょっと焦げたような味のカレーだった。ここを通る度にテント庇に描かれたご主人のイラストとともに想い出す
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

wing

初めまして、カレーのマコで検索したら貴殿のブログにたどり着きました。
私が高校~大学の頃(1980年代)かなりの頻度でお世話になっていましたが
知らない間に無くなってしまいましたね・・少しどろっとした濃いめのルーが
何ともいえずおいしかったです、もっとも値段の安さが決め手の一つではありましたが
今でもたまに無性に食べたくなります。(舌が肥えた今ではどう感じるかも楽しみ)


by wing (2016-03-11 18:51) 

うちだ

はじめまして、カレーの店マコで検索していたら、ここに辿りつきました。
マコに言及する方が21世紀になってもいらっしゃることに、とても感激
しています。あまりに懐かしいです。私がここの店の世話になったのは
1981年3月から1986年いっぱいでした。中学生の時に初めて神保町の
古本屋街に行った帰りに食べた味が忘れられず、86年の浪人生の時は、
付近の予備校に通う中で顔を憶えてもらう位に通いました(一年間)。

ただ、正月が過ぎた年明けの御茶ノ水駅前に、店はなくなっていました。
かなり愕然としたことを憶えています。経緯は何も知らないですし、
その後、ネットを使ってかなり調べたものの、手がかりはありません。

今でも、店主のおじさんと明大生とおぼしき学生アルバイトのお兄さんとの
会話の風景、注文に対して「カレー」と復唱する際のアクセントなど、
鮮明に憶えており、今でも時折思い出して、こうして検索しています。

(ちょっと気持ち悪いかもしれないですが)
by うちだ (2017-05-07 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。